いつの間にかリンク切れに?リンク切れを自動チェックしてくれるBroken Link Checkerを使って、リンク切れを修正しよう

プログラムイメージ

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

WordPressでブログ記事を書いていると、内部リンクや外部リンクなどでリンクを貼ることが多くなると思います。
その際に貼っていたリンク先のホームページがなくなっていたり、URLが変更になっていたりして、リンク切れが起こってしまうことがあります。

ブログの記事がそんなに沢山ないときは手動でチェックすることもできるのですが、100記事以上に増えるといちいち手動でチェックできない・・・。
そんなときに便利なのが、リンク切れを起こしているかどうかを自動でチェックしてくれるWordPressのプラグイン『Broken Link Checker』です。

Broken Link Checkerのインストール方法

  1. 「プラグイン」→「新規追加」をクリック
    プラグイン新規追加
  2. 「broken link checker」と検索し、「今すぐインストール」をクリック
    Broken Link Checkerを検索
  3. インストール完了後、「有効化」をクリック

これでインストールが完了します。

リンク切れを起こしているかチェック

その後は、「ツール」→「リンクエラー」をクリックしてリンク切れを起こしているかをチェックします。

ツール→リンクエラーをクリック

リンク切れを起こしている場合は、リンク切れを起こしている投稿ページに移動して、リンクの再貼付けをしたり、リンクを外したりします。

Broken Link Checkerの画面

今回はリンクエラーなし

リンク切れはSEO対策だけでなく、情報の信頼性にも繋がる部分ですので、このBroken Link Checkerを使って定期的にリンク切れを起こしていないかチェックしてみてください。

関連記事

  1. サイトヘルスイメージ
  2. Simple Author Boxのアイキャッチ

最近の記事

  1. MacBook Pro
  2. サイトヘルスイメージ
  3. HTMLコードイメージ

LINE@

PAGE TOP