【Visual Studio Code】おすすめプラグイン

今回はVisual Studio Codeを使う上でおすすめのプラグインを紹介します。

LiveServer

簡易ローカルサーバーを起動してHTMLやCSSファイルの更新をライブプレビューできるようにするプラグインです。

これさえ起動していればいちいち更新しなくてもリアルタイムに更新されます。

Autoprefixer

Autoprefixerは最新のブラウザ実装状況をまとめたサイト「Can I use」の情報を下に必要なベンダープレフィックスをかいてくれるプラグインです。

ベンダープレフィックスとは?
CSS3で採用される予定の機能が各ブラウザで先行実装されている機能を動作させるため、プロパティや値の先頭に-moz-や-webkit-をつけることです。


-moz-  …… Firefox
-webkit- …… Google Chrome、Safari
-o-    …… Opera
-ms-   …… Internet Explorer

HTMLhint

htmlのミスを指摘してくれます。

Zenkaku

エラーの原因になりやすい全角スペース

エラーの原因になる全角スペースをグレーで表示してくれます。

今回は以上になります。いくつかプラグインがありますが「LiveServer」は特におすすめでこれ一つ入れるだけでも環境は変わります。

是非使いやすくなるようVScodeをカスタマイズして行ってください。

関連記事

  1. HTMLコードイメージ
  2. ホームページとWebサイトの違い

最近の記事

  1. Xcodeのインストール方法
  2. ブルーライトカットイメージ
PAGE TOP