Macで作成したzipファイルをWindowsで文字化けせずに送る方法

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログテーマは、Macで作成したzipファイルをWindowsに送ると文字化けするのを防ぐ方法を紹介します。
やり方は、「WinArchiver Lite」というツールを使います。

App StoreからWinArchiver Liteをダウンロード

WinArchiver Liteをダウンロード

Macでzip圧縮したファイルをWindowsで開くと文字化けしてしまうことがあります。

そこで、Windowsユーザーにzipファイルを送る場合は、「WinArchiver Lite」を利用しましょう。
この「WinArchiver Lite」はMac App Storeで無料でダウンロードすることが可能です。

Mac App Storeで「WinArchiver Lite」と検索するか、下記のボタンからダウンロード可能です。

WinArchiver Lite

使用方法

使用方法は簡単で、ウィンドウに圧縮したいファイル、または、フォルダを放り込んで[zipファイルを作成]をクリックするだけ。
任意で4桁の数字のパスワードを設定することもできます。

WinArchiver Liteのスクリーンショット

まとめ

Macでzipファイルを作成する場合は、今回紹介したこの「WinArchiver Lite」を使って作成することで、Windowsユーザーにも文字化けすることなく、安心してzipファイルを送ることが出来ます。

Macを使っていて、Windowsユーザーの方とデータをやり取りするときはこのツールを活用してください。

動作環境

今回、確認したソフトやOSの動作環境です。

  • OS:macOS Catalina 10.15.2
  • WinArchiver Lite 2.5.3

WinArchiver Liteのダウンロード

インプレイトソフト代表。プログラマーとして、iPhoneアプリ開発、プログラミング教室、WordPressによるホームページ制作をメインに活動しています。

関連記事

  1. iPhone画面上端
  2. データ圧縮イラスト
  3. コントロールセンター
  4. Googleトレンド画面
  5. MacBook Pro

最近の記事

  1. Localization native development regionをJapanに設定
  2. うさじゃんぷスクリーンショット1
  3. うさじゃんぷスクリーンショット1

スポンサードバナー

PAGE TOP