MacでiPadを簡単にサブディスプレイに!Sidecarを使ってパソコン環境を快適に

iPadとMac

大阪府豊中市でホームページ制作|プログラミング教室を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログテーマは、MacでiPadをサブディスプレイにする方法を紹介します。

やり方は、macOSのCatalinaから実装された「Sidecar」という機能を使うことで簡単・無料でiPadをサブディスプレイにすることができます。

システム環境設定から起動可能

この便利なSidecarですが、起動する方法は簡単です。

Macの「システム環境設定」から「Sidecar」を起動します。

Sidecar

次にサブディスプレイにしたいiPadを選択すればOK。

iPadを選択

これだけでiPadをサブディスプレイにすることができます。

iPadとMacをUSBで接続しながら使うことも出来ますし、ワイヤレスで接続することも可能です。

接続解除方法

Sidecarの接続解除方法ですが、こちらも簡単に解除できます。

Mac側

Mac側では、同じく「システム環境設定」で「Sidecar」を起動。
「接続解除」ボタンをクリックすれば、接続解除されます。

接続解除ボタン

iPad側

iPad側で解除する場合は、画面左下にあるアイコンをタップして、「接続解除」をタップすることで解除されます。

接続解除をタップ

まとめ

MacとiPadを持っている方は、このSidecarを使ってデュアルディスプレイ環境にしてみてください。

出先や出張の場面ですごく便利さを実感できます。

Apple Pencilを使っている方は、ペンタブレットとしても活用することができるようになるので、制作の幅が広がります。

動作環境

今回、確認したソフトやOSの動作環境です。

  • OS:macOS Catalina 10.15.2
  • iPad:iPad OS 13.3

インプレイトソフト代表。プログラマーとして、iPhoneアプリ開発、プログラミング教室、WordPressによるホームページ制作をメインに活動しています。

関連記事

  1. 編集イメージ
  2. iPhoneバッテリー
  3. iPhone画面上端

最近の記事

  1. Xcodeのインストール方法
  2. ブルーライトカットイメージ
  3. データ圧縮イラスト
PAGE TOP