Macの作業効率を大幅アップ!Macでよく使うショートカットキー

MacBook Pro

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

弊社ではメインの作業用PCとしてMacBook Proを使っています。
MacでもWindowsでも同じですが、作業効率を上げるためにキーボードの操作だけで機能を実行できるショートカットキーがあります。
今回はその中でもMacでよく使うショートカットキーを紹介していきます。

Macのショートカットキーでは「command」キーをベースに

Windowsでは主に「Ctrl」キーを使ってショートカットを行うのですが、Macでは「command」キーをベースにショートカットを入力します。

ウィンドウ操作

ウィンドウの操作に関するショートカットキーの入力方法です。

  • command+q(アプリを終了)
  • command+w(ウィンドウを閉じる)
  • command+m(最小化)

ファイル関連

ファイルの操作に関するショートカットキーの入力方法です。

  • command+a(全選択)
  • command+o(ファイルを開く)
  • command+n(新規作成)
  • command+f(検索)
  • command+p(印刷)
  • command+delete(ファイル削除)

編集作業

文章やファイルの編集作業の際に使用するショートカットキーの入力方法です。

  • command+c(コピー)
  • command+x(切り取り)
  • command+v(貼り付け)
  • command+z(元に戻す)
  • command+shift+z(やり直す)

保存関連

ファイルの保存に関するショートカットキーの入力方法です。

  • command+s(上書き保存)
  • command+shift+s(新規保存)

ショートカットキーを活用して作業効率をあげよう

今回紹介させていただいたMacのショートカットキーは他のアプリケーション内でもよく使われるキーなので、覚えておくと作業効率が大幅に上がるので、ぜひ覚えて活用してくださいね。

関連記事

  1. 動画配信
  2. デュアルディスプレイ

最近の記事

  1. ランサムウェア
  2. バナーテスト用
PAGE TOP