Macで画面を録画して操作方法を伝えよう!QuickTime Playerで画面録画機能を使ってみよう

動画配信

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

Macでは標準で画面を録画できるアプリケーションがあります。
そのアプリケーションは「QuickTime Player」です。

このQuickTime Playerは動画の再生アプリとして使われることが多いのですが、実はMacの操作画面などを録画することもできて非常に便利です。
今回はQuickTime Playerで画面を録画する方法を紹介します。

まずはQuickTime Playerを起動

  1. アプリケーションフォルダからQuickTime Playerを起動します。
  2. 「ファイル」→「新規画面収録」をクリック
    新規画面収録
  3. 「録画ボタン」をクリックします。マイクなどの音声を入力したい場合は、横にある▽をクリックすることでマイク入力の設定ができます。
    録画ボタンをクリック
  4. 保存したい画面、またはアプリケーションを選択します。
  5. 画面の右上にある停止ボタンをクリックするまで録画し続けます。
    停止ボタンをクリック
  6. 録画を停止したあと、動画データを保存すれば完了です。

これだけで簡単にMacの画面を録画することができます。

実際にやってみた画面

実際にUnityのインストール方法を紹介する動画を作って、YouTubeにアップロードしているのですが、その動画もこのQuickTime Playerを使っています。
このような操作マニュアルなどを作る際に重宝しますので、ぜひ活用してみてください。

インプレイトソフト代表。プログラマーとして、iPhoneアプリ開発、Androidアプリ開発、WordPressによるホームページ制作をメインに活動しています。

関連記事

  1. デュアルディスプレイ

最近の記事

  1. ソースコードイメージ
  2. Macイメージ
  3. ホームページとWebサイトの違い
  4. ランサムウェア
PAGE TOP