iPhoneで間違って閉じたタブを再表示する方法

iPhone猫イメージ

大阪府豊中市でホームページ制作|プログラミング教室を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログテーマは、iPhoneで間違って閉じたタブを再表示する方法を紹介します。

タブの復元方法

  1. iPhoneで「Safari」を開きます
  2. 「タブ」ボタンをタップ
    タブボタンをタップ
  3. 「+」ボタンをロングタップ
    +ボタンをロングタップ
  4. 復元したいタブをタップ
    復元したいタブをタップ

以上で閉じたタブを復元することができます。

これで間違えて閉じてしまったタブを再度表示することができます。

インプレイトソフト代表。プログラマーとして、iPhoneアプリ開発、プログラミング教室、WordPressによるホームページ制作をメインに活動しています。

関連記事

  1. ノートパソコンイメージ
  2. カンニングシート
  3. Wi-Fiイメージ

最近の記事

  1. ブルーライトカットイメージ
  2. データ圧縮イラスト
  3. 印鑑のイラスト
PAGE TOP