HTMLステータスコードは暗号解読!な話

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。
今回はWebサイトを閲覧中にたまに見かける「404エラー」などのHTMLステータスコードについてのお話です。

HTMLステータスコードとは

HTMLステータスコードとは、 サーバーがブラウザへ返してくる現在の状態を表すコードです。
コードは3桁の数値で表されます。

  • 100番台 案内(インフォメーション)
  • 200番台 正常処理
  • 300番台 移転通知
  • 400番台 (クライアントにおける)処理失敗
  • 500番台 サーバーエラー
300番台
300 Multiple Choices 複数ページの利用が可能です。
301 Moved Parmanently このアドレスは違うアドレスに移動しました。
302 Moved Temporarily このアドレスは一時的に別のアドレスにおいています。
303 See Other 他のページを参照してください。
304 Not Modified アクセスは許可されたが、対象の文書は更新されていなかった。
305 Use Proxy LocationフィールドのProxy経由でないとアクセス許可されません。
307 Temporary Redirect このアドレスは一時的に別のアドレスに属しています。
400番台
400 Bad Request タイプミス等、リクエストにエラーがあります。
401 Unauthorixed 認証に失敗しました。(パスワードを適当に入れてみた時などに発生)
402 Payment Required (将来の使用のための予約コード)
403 Forbidden あなたにはアクセス権がありません。
404 (File)Not Found 該当アドレスのページはありません、またはそのサーバーが落ちている。
405 Method Not Allowed 許可されていないメソッドタイプのリクエストを受けた。
406 Not Acceptable Acceptヘッダから判断された結果、受け入れられない内容を持っていた。
407 Proxy Authentication Required 最初にProxy認証が必要です。
408 Request Time-out リクエストの待ち時間内に反応がなかった。
409 Conflict そのリクエストは現在の状態のリソースと矛盾するため完了できなかった。
410 Gone そのリクエストはサーバでは利用できず転送先のアドレスも分からない。
411 Length Required 定義されたContent-Lengthの無いリクエストを拒否しました。
412 Precondition Failed 1つ以上のリクエストヘッダフィールドで与えられた条件がサーバ上のテストで不正であると判断しました。
413 Request Entity Too Large 処理可能量より大きいリクエストのため拒否しました。
414 Request-URI Too Large リクエストURIが長すぎるため拒否しました。
415 Unsupported Media Type リクエストされたメソッドに対してリクエストされたリソースがサポートしていないフォーマットであるため、サーバはリクエストのサービスを拒否しました。
416 Requested range not satisfiable リクエストにRangeヘッダフィールドは含まれていたが、If-Rangeリクエストヘッダフィールドがありません。
417 Expectation Failed Expectリクエストヘッダフィールド拡張が受け入れられなかった。
500番台
500 Internal Server Error CGIスクリプトなどでエラーが出た。
501 Not Implemented リクエストを実行するための必要な機能をサポートしていない。
502 Bad Gateway ゲートウェイやProxyとして動作しているサーバがリクエストを実行しようとしたら不正なレスポンスを受け取った。
503 Service Unavailable そのアドレスは事情によりアクセスできません。
503 Mapping Server Error クリッカブルマップで、変なアドレスを指定した。
503 Too many users この時間このページにアクセスできる定員オーバーをしました。
503 Method Not Allowed CGIで送信時にPOSTかGETの一方しかできないのに、違う方を行った。
504 Gateway Time-out リクエストを完了するために必要なDNSなどのサーバからレスポンスを受信できなかった。
505 HTTP Version not supported サポートされていないHTTPプロトコルバージョンを受けた。

<http://www5.plala.or.jp/vaio0630/mail/st_code.html> より引用

まとめ

ステータスコードを全て覚えておく必要はないと思いますが、よく見かける番号は覚えていて損はないと思います。
なので、よく見かける番号を簡単にまとめておきます。

よく見かけるステータスコード

301:リクエストしたページが移転している状態
302:リクエストしたページが”一時的に”移転している状態
404:リクエストしたページが見つからない状態
503:リクエスト中のページが過負荷などのために一時的に表示されない状態

以上、HTMLステータスコードのお話でした。

それでは、ゆとりあるコンピューターライフを!

関連記事

最近の記事

  1. Oculus Go
  2. CSSイメージ画像
  3. chatworkロゴ
PAGE TOP