中小企業のWeb(ホームページ)担当者は誰にすべき?

Web担当者

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログテーマは、「中小企業のWeb担当者は誰が良いのか?」についてです。

結論は社長

もちろん、一番ベストなのはズバリ「社長」です!
なぜならば・・・

  • 自分の会社について最も詳しく
  • 自分の会社を最も好きで(愛していて)
  • 自分の商品・サービスについて最も知識がある

のは、社長以外にいないからです。

そのため、ホームページを制作・運用していくうえで担当者は社長が最も適任です。

でも実際問題、社長は忙しい・・・

社長が最もベストな選択なのはほぼ間違いないのですが、実際問題、社長はとても忙しいのも事実。
そのため社員やスタッフに担当者をお願いすることになると思います。
その際に、パソコンができるという理由だけで担当者を選出するのは辞めてください。

なぜなら、ホームページは最終的に自社の商品やサービスを知ってもらい、購入してもらうことをゴールに設定することが多いはずです。
そのためには、パソコンができることよりも実際に自社の商品やサービスを購入してくれるお客様の気持ちに寄り添う必要が出てきます。
なので、社長の次にお客様と多く接点を持っている人、多くの場合は営業担当者などが該当すると思います。

営業担当者をWeb担当者に

そのため営業担当者をWeb担当者にするほうがお客様にとって使いやすく見やすいホームページになる可能性が高まります。
パソコンができるスタッフなどには、実務(ホームページの更新作業など)を依頼して、ホームページのコンセプトや設計、コンテンツの内容などは営業担当者や社長がやれるような仕組みづくりをしていきましょう。

ながやす

インプレイトソフト代表。プログラマーとして、iPhoneアプリ開発、Androidアプリ開発、WordPressによるホームページ制作をメインに活動しています。

関連記事

  1. BASEロゴ

最近の記事

  1. muk子どもプログラミング教室

LINE@

PAGE TOP