【Swift】iOS13で適用されたダークモードの設定を回避する方法【Xcode】

ソースコードイメージ

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログテーマは、iOS13で使えるようになったダークモードの設定を回避する方法を紹介します。
iOSアプリ作成にはダークモードの適用が大切になってきますが、アプリ独自のデザインやレイアウト、過去のアプリで今すぐにはダークモードの適用が難しい場合などにお使い下さい。

Info.plistに設定でアプリ全体に適用

アプリ全体にダークモードの適用を回避する方法は、Info.plistUser Interface StyleパラメータをLightにします。

User Interface StyleをLight

これで常にライトモード(明るい外観)になります。

まとめ

この方法で簡単にダークモードの適用を回避することができます。
しかし、AppleはiOSアプリのダークモード適用を推奨しているので、どこかのタイミングでアプリにダークモード設定を適用させる必要があります。

この方法は、一時的な対応として処理するか、どうしてもダークモードにできないデザイン(ゲーム画面などの)の場合にしておきましょう。

動作環境

今回、確認したソフトやOSの動作環境です。

  • OS:macOS Catalina 10.15.1
  • 機種:MacBook Pro (15-inch,2017)
  • 端末:iPhone X (iOS13.2)
  • 開発ソフト:Xcode 11.2
  • 言語:Swift 5.1

インプレイトソフト代表。プログラマーとして、iPhoneアプリ開発、Androidアプリ開発、WordPressによるホームページ制作をメインに活動しています。

関連記事

  1. Unity制作画面
  2. 教室風景1
  3. 豊南小学校授業風景アイコン
  4. muk子どもプログラミング教室
  5. Unity
  6. こどもプログラミング教室

最近の記事

  1. Microsoft Teams
  2. ソースコードイメージ
  3. Macイメージ
PAGE TOP