【Xcode】AutoLayoutでConstraintsを0にすると、Standardになってしまい、0を設定できない場合の対処法【Swift】

ソースコードイメージ

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログテーマは、XcodeでiOSアプリの開発をしているときに起きた不具合の対処法です。

その不具合というのは、Xcode11.3で起きました。
既存のアプリのStoryboardでAuto Layoutを設定しようとして、Add New ConstraintsでViewに制約を入れようと、0を入力すると自動的にStandardに設定されます。

AutoLayoutに0を入力すると、Standardになる

Standardに設定されると勝手に20の幅が設定されるので厄介です。

20の制約が追加される

回避方法としては、一度AutoLayoutの制約を作成して、制約の値を編集・修正すると0にすることが出来ます。

AutoLayoutを編集

もう一つの方法は、AutoLayoutで制約を作成するときに値を「0.01」にすることで、0に近い値を設定することで、この不具合を回避することが出来ます。

値を0.01に設定

次のバージョンアップでおそらく修正されると思いますが、現バージョンでは上記の2つの方法でAutoLayoutを設定する必要があります。

動作環境

今回、確認したソフトやOSの動作環境です。

  • OS:macOS Catalina 10.15.2
  • 機種:MacBook Pro (15-inch,2017)
  • 端末:iPhone X (iOS13.3)
  • 開発ソフト:Xcode 11.3
  • 言語:Swift 5.1

インプレイトソフト代表。プログラマーとして、iPhoneアプリ開発、プログラミング教室、WordPressによるホームページ制作をメインに活動しています。

関連記事

  1. ソースコードイメージ
  2. Unity
  3. 豊南小学校授業風景アイコン
  4. ソースコード
  5. 教室風景1

最近の記事

  1. Xcodeのインストール方法
  2. ブルーライトカットイメージ
PAGE TOP