あなただけにみて欲しい!のお話

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

ホームページを作る時、閲覧率がすごく気になります。
そこで重要になってくるのは「ターゲットの絞り込み」です。
今回は、そのターゲットの絞り込みの大切さをまとめてみたいと思います。

前回の小は大を兼ねる!?のお話の続きになりますので、ぜひそちらもお読みいただければ幸いです。

@ターゲットの選択

ターゲットを絞り込む利点は閲覧率アップにつながることです。
ターゲットを絞り込むことで、幅広くはありませんが絞り込んだターゲットに有益な情報を乗せることができるようになります。
幅広く薄い情報より内容の充実した情報のウェブサイトは、サイト自体の価値を大きく引き上げることができます。
そこが、閲覧率アップにつながってくるところになります。
「ターゲットを広くした方が閲覧率が上がるのでは?」と思うかもしれませんが、そうではありません。
幅広く・情報の薄いウェブサイトは、検索順位がかなり下になってしまいます。
ここに、ターゲットを絞る大切さがあるといえます。

@まとめ

ターゲットを絞って少しでも多くの人にサイトを見てもらおう!という作り方が大事な要素です。
絞り方はサイトそれぞれ違います。
人物像・時間・地域など、独自の絞り込みで閲覧率を増やしてみましょう!

それでは、ターゲットを絞ってより良いホームページライフを!

関連記事

  1. モバイルインデックスファースト

最近の記事

  1. インプレイトソフトロゴ
  2. CPUイメージ

LINE@

PAGE TOP