実は違いが!?ホームページとWebサイトの違いとは?

ホームページとWebサイトの違い

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログテーマは、「ホームページ」「Webサイト」の違いについてです。
よく混同されるのですが、2つには違いがあります。
今回はその違いを説明させていただきます。

ホームページとは?

ホームページには現在、複数の意味・使われ方があります。

ブラウザの最初のページ

本来の意味で使われていたものです。
ブラウザとは、インターネットエクスプローラーやエッジ、Google ChromeやSafariなどのインターネットのWebサイトを閲覧するためのソフトのことです。

このブラウザで最初に開かれるページのことを本来は、ホームページと呼んでいました。
しかし、次第にWebが一般的に普及してから、別の意味としても使われるようになりました。

Webサイトの最初のページ

現在ではこちらの意味で使われることが多いですね。

Webサイトの最初に開かれるページ(トップページ)をホームページと呼ぶようになりました。
また、それだけでなくWEbサイト全体のことをホームページと呼ぶようにもなっています。

ホームページのまとめ

ホームページは、もともと「ブラウザで開く最初のページ」の意味だったが、現在では、「Webサイト」を指すことが多い。

Webサイトとは?

それでは、ホームページとは違ってWebサイトとはどういう意味なのでしょうか?
ホームページの説明文にもちょくちょく出てきましたね。
Webサイトとは、Webページの集まりのことを指します。

Webページとは?

Webページは、画面上に表示されている1枚のページのことですね。
今、見ているこのブログ記事もWebページです。
パソコンやスマホで、インターネットを通じて見ているページのほとんどはWebページになります。
YouTubeとかAmazonもそうですね。

Webサイトのまとめ

Webサイトとは、Webページの集まりのことです。
ショッピングサイトや企業サイト、個人ブログなどもWebサイトになります。

ホームページとWebサイトの違い

このように実際にはホームページ(最初に表示されるページ)とWebサイト(Webページの集まり)には違いがあるのですが、現在ではどちらを使用しても問題はありません。
むしろテレビなどでもWebサイトのことをホームページと呼んでていたりしますので、ホームページという言葉が市民権を得ている状況です。

制作業者などの場合は、厳密な意味で「Webサイト制作」という表現を使うこともあります。
Webサイト制作もホームページ制作もどちらも基本的には同じ意味になりますので、業者を探す場合はどちらのキーワードで検索しても問題ありません。

ちなみに弊社では「ホームページ制作」をメインで使わせていただいています。
これは間違えているとかではなく、検索キーワードの数や流入数などをもとに、こちらの言葉を使うようにしています。

ということで、ホームページもWebサイトも現在では同じような意味で使われているので、あまり気にしないで良いという結論になります。

インプレイトソフト代表。プログラマーとして、iPhoneアプリ開発、Androidアプリ開発、WordPressによるホームページ制作をメインに活動しています。

関連記事

  1. Sitemap.xmlの表示

最近の記事

  1. ホームページとWebサイトの違い
  2. ランサムウェア
  3. バナーテスト用
PAGE TOP