ペナルティは1回でも欲しくない!お話

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

Googleのガイドラインに、ペナルティと呼ばれる行為がいくつか存在しています。
今回はそのペナルティがどういったものか調べたものをまとめてみました。

@Googleペナルティとは?

Googleからペナルティを受けるとSEOに問題が出てきます。
ペナルティを受けると、検索順位が下がる・検索されないといった問題が起こります。
ペナルティを受ける行為となるのは次の通りです。

・被リンクを作る
・被リンクを購入する
・自動でWebページを量産する
・他のWebページをコピーする
・文字を背景と同色にして隠す
・過剰にキーワードを詰め込む
・内容が意味不明
・クローラーと人間に見える内容が違う

@ペナルティを受けるとどうなる?

Googleのペナルティの判断は、機械ではなく人間が手動で行います。
そのため、ペナルティを受けた場合の違反は妥当なものとなります。
ペナルティを受けたサイトは、その問題となった点を修正して再審査を申請して通過しなければ、ペナルティが解消されることはありません。
ペナルティ解消には、多大な労力と膨大な時間がかかってしまいます。
ペナルティは受けないようにサイトを作ることが賢明といえます。

@まとめ

ウェブサイトを作っていく中で、検索順位を上げようとすることは正しい考えです。
サイトの閲覧順位を上げる方法に裏技は存在しません。
悪いことをしてペナルティを受けてしまうことは、ハイリスクローリターンでしかありません。
地道に、更新・情報量・閲覧数を増やすことが検索順位を上げる方法です。
悪いことをしないで真面目にサイトを運営していきましょう。

それでは、より良いサイトライフを!

関連記事

  1. Web担当者
  2. 検索範囲の日付を決定

最近の記事

  1. インプレイトソフトロゴ
  2. CPUイメージ

LINE@

PAGE TOP