iPhoneの通知を一時的にオフにして集中できる環境を用意する方法

おやすみモードの起動イメージ

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

スマートフォンは本当に便利でついつい画面を見てしまったり、通知が来てしまって集中を阻害されることってありますよね?
前回、集中力を高めるための環境づくりとしてスマートフォンの通知をOFFにすることをオススメしていました。

ですが、実際にスマートフォンの通知をすべてOFFにするのはちょっと・・・という抵抗感を持っている方もいると思います。
今回はそんな方のために、一時的に通知をOFFにできる機能がiPhoneに提供されていますので、その方法を紹介します。
※Android版は後日、記事にします。

iPhoneのおやすみモードを使う

iPhoneにはおやすみモードという一時的に電話の着信やメールの通知音、アプリの通知などを表示しない機能になります。
iPhoneだけでなくiPadでもできます。

おやすみモードはすぐにON/OFF設定ができますので、今回はそのおやすみモードの設定方法を紹介します。

おやすみモードの設定方法

  1. iPhone X/XS/XRの場合、画面右上を下にスワイプして「コントロールセンター」を起動します。
    ※iPhone 7/8などのホームボタンを使っている機種の場合、画面下から上にスワイプして「コントロールセンター」を起動します。
    コントロールセンターを起動
  2. 月のマークをタップして、「おやすみモード」を起動します。
    おやすみモードをタップ
  3. 「おやすみモード」が起動されれば、アイコンの色が変わります。
    おやすみモードがONの状態
  4. 「おやすみモード」を解除するには、月のマークを再度タップすると解除されます。

これでおやすみモードになるので、スマートフォンによる通知で作業が邪魔されることなく、集中できる環境を用意することができます。

集中できる環境をつくることが大切

集中できる環境づくりの方法はいくつかあると思いますが、最も簡単で速い方法が集中を邪魔するものを排除することです。
そのためにも、集中を阻害する要因として大きいスマートフォンの通知をOFFにしておくのが簡単ですよ。

今回はそのための方法として、スマートフォンの通知を一時的にOFFにできる「おやすみモード」を紹介しました。

関連記事

  1. 補助金イメージ

最近の記事

  1. ランサムウェア
  2. バナーテスト用
PAGE TOP