その他

Wi-Fiの100倍の速さで通信が可能になるかも!?「Li-Fi」とは

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログのテーマは「Li-Fi」です

Li-Fiとは

Li-Fiは「Light Fidelity」の略で、LED電球を使って通信を行なう通信技術のことです。その点に関してはWi-Fiと同じになります。仕組みとしては光の点滅を利用して通信を行います。電灯など、 人工的に作られた光は点滅を繰り返しています。その点滅を1と0に置き換えて受信機器にそれを認識させ、その光をデータとして認識させているものになります。
Wi-Fiの電波で通信するものと違うため、Wi-Fiよりも早く通信を行うことができ、しかも壁から光が漏れることも無いので外から通信を傍受されたりしないため、セキュリティ面でも安心できるものになると予想できます。
ただし、今現在各家庭に取り付けられている電球で通信が行えるということではありません。それ専用の電球や通信設備が必要になるので、結局は新しく付け替える必要があります。

Li-Fiのメリットとデメリット

メリット

まず最大のメリットといえばやはりその通信速度の速さ。単純に考えた場合、Wi-Fiを使って何かしらをダウンロードするときに1分ほどかかるものでも1秒未満の時間で通信が可能ということになります。
電波が混雑したりしてつながりにくかったり、そもそも電波がとどかないなどの心配もなくなります。
さらに、光検出器の電源を太陽電池でまかなうことができれば、ワイヤレスでの充電とインターネット接続が同時にできるようになるかもしれません。
また、先ほども挙げたようにセキュリティ面でも安全性が高いと思われます。

デメリット

Li-Fiが光を使って通信すると述べましたが、直射日光など強い光がある場所では使えません。なので、なにかしらの対応をしなければ通信ができない可能性もあり、屋外での設置が難しいと思われます。なので特に昼間のコンビニなどで使えない可能性もあります。まとめると環境にとても左右されやすいということです。
現時点ではどのように家庭に設置するのかはまだわかりませんが、通信をしたい場所全てに電球と通信設備を設置しなければいけませんので、そのコストもかかります。

 

このLi-Fiは今年製品化する予定らしいです。この通信速度を体感してみたいです。

Return Top