日本人で上位10%に入るための簡単な方法

読書

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回は過激なタイトルですが、中身はいたってシンプルなこと『日本人で上位10%に入るための簡単な方法』をご紹介します。
それはずばり・・・読書です!

日本人の30%〜50%は月1冊も本を読まない!?

「読書は大切だ」というお話をよく聞くことがありますよね。
ですが、実際に読書をしている人というのは実はすごく少ないことが分かっています。
特に現代はネット上にたくさんの情報が溢れていたり、スマートフォンでたくさんの娯楽を楽しむことができる環境という側面もあると思います。

集計しているデータや調査方法によっても前後するのですが、日本人の30%〜50%は月に1冊も本を読まないという調査結果があります。
深刻に「読書離れ」が起きていることが数値上で分かりますね。

月5冊〜6冊以上、本を読めば上位10%に

ちなみに日本人の月の平均読書量は2.58冊という結果に。

細かい内訳は参考リンクにも書かれていますが、下記のようになっています。

0冊 141人(36.1%)
1冊 78人(19.9%)
2冊 53人(13.6%)
3冊 32人(8.2%)
4冊 24人(6.1%)
5冊 17人(4.3%)
10冊 20人(5.1%)
20冊 8人(2.1%)

※社会人男女391人の調査結果

このような結果から、だいたい月に5冊以上本を読めばそれだけで日本人の上位10%入が可能になります。

月に5冊と考えるとなかなか大変なイメージがありますが、週に1冊のペースで読むだけで月に4冊は読むことができるので慣れれば難しい数値ではないと思います。

週に1冊本を読む週間を身につけよう

起業してから色々な経営者の方にお話を聞く機会がありますが、事業が安定している方や成功している方ほど読書の量が多いことに驚かされます。
そういった方々からいただくアドバイスは「読書をしなさい」と言われました。
私も最初の方はなかなか週に1冊以上本を読むのが大変でしたが、コツコツと続けていくことによって今では週に2〜3冊ほど読むことができるようになりました。

読書が苦手な方はまずは気負わずにゆっくりとで良いので、本を読む習慣を身につけてください。
そうすれば日本人の上位10%に入ることができます。

参考リンク

http://www.tanzen.xyz/entry/2016/01/04/133441
https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/11033

最近の記事

  1. Sitemap.xmlの表示
  2. Googleトレンド画面
PAGE TOP