その他

あなたは大丈夫?最近若者の間にも起きているスマホ老眼

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログのテーマは「スマホ老眼」です。

スマホ老眼とは?

そもそも老眼とは簡単に言うと、「歳をとることによって眼の調節する機能が衰え、近くのものにピントが合いにくくなる状態」の事です。スマホ老眼も似たようなもので、手元の文字が見づらい、近くのものにピントが合わせにくく視界がぼやけてしまうなどというような症状が発生します。その原因は、スマホのような近い距離のものを常に見続け、眼の筋肉を使い続けてて疲労が溜まり、老眼の様にピントが合いにくくなっているものです。また、それだけではなく頭痛や肩こりなどの原因にもなっていると考えられています。

PCやタブレット等の長時間使用でもスマホ老眼と同じような症状になる場合もあります。その中でも特にスマホが危険視されており、何故なら小さな画面の細かい文字を長時間見続けることによって、より眼に負担をかけているからです。

スマホ老眼の改善方法

スマホ老眼を改善する一番いい方法は、PCやスマホの使用時間を短くすることになります。とはいえ、スマホやPCを全く使わないというのは、難しいと思います。

なので、長時間続けて使わないようにしましょう。たとえば1時間ほど使ったら目の休憩の為に、5分ほど目を閉じたり、遠くの景色を見て目を休ませればOKです。これだけでもずっとスマホの画面を見続けるよりは、かなりよくなります。また、至近距離でスマホやPCを使用するのも負担になっていますので、画面をできるだけ離して見るのも効果があります。あと、途中でまばたきをすることも大事になってきます。これは、スマホやPCを使用している時は、まばたきが極端に減るので、目が乾かない様に注意をする必要があります。

あとは、目のマッサージや、目の周りを蒸しタオルなどで温めて目の血行をよくするのも効果的です。これはスマホ老眼の症状を緩和する効果もあり、目の疲労をとって休める手段としても効果的です。

スマホ老眼は、目の酷使からくるものなので、とにかく目に負担を与えない様にすることが望ましいです。心当たりがある人は、一度考えて改善することをお勧めします。

以上、スマホ老眼についてでした。

Return Top