電話と電卓

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログのテーマは「電話と電卓」です。

注目して欲しい、数字の並び方。

denden

電話と電卓、よく見ると数字の並びが違うことに気がつきます。

電話は左上から1..2..3..に対し

1 2 3
4 5 6
7 8 9
* 0 #

電卓は左下から1..2..3となっています。

7 8 9
4 5 6
1 2 3
0 00

他にもパソコンのテンキーなどもこのような配置になっています。

違いは「当たり前」

どうして違うのか少し考えてみます。

そのヒントは実際に使ってみるとわかりそうです。

電話の場合

主に電話番号(当たり前なのですが)をかけるときに使用します。

文章でもホームページでも・・そして電話でも、パッと見たときに大抵の人は左上から注目して見たとおもいます。

電話をとっさにかけたいときにいちいち数字を探していては大変です、そういったときにも左上からならパッと判断できます。あとは、黒電話のとき左上からクルクルと回していたのも影響はありそうですね。

電卓の場合

計算に使用するため一番使用する機会が多いのは「0」です。

一番押しやすい「0」に次いで「00」や「1」「2」・・・と数字を並べているみたいです。

機能を重視した結果電卓はこの形に収まったようですね。

その他にも…。

最初に規格として決めてしまった(理由はありますが、キーボードの配置なんかがそうですね。)立てて使うことがある、無い等設置状況等も関係がありそうです。

まとめ

今回は電話と電卓についてのお話しました。

「同じようでちょっと違う」というのは決して特別なものでは無く

公共に出回っているもので意味が無いものはそうそうなく、身近な「なぜか」を探ってみるのも面白いかもしれません。

今回は少し長くなってしまいました…「電話と電卓」以上になります。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP