SEO対策で重要な3つのこと

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回のブログのテーマは「SEO対策で重要な3つのこと」です。

インプレイトソフトのサイトの「サービスの特徴」のページで「SEO対策に強い」と書かせていただいてますが、「SEO対策って何?」となる方もおられると思います。

なので、今回はこれを簡単に説明していこうと思います。

SEO対策って何?

SEOとは、「Search Engine Optimization 」という言葉の略で、「検索エンジン最適化」という意味になります。

大雑把に簡単に言ってしまうと、ホームページを検索されやすくするための技術です。

検索されやすくなるとホームページを見てもらいやすくなり、集客力が上がる等の効果が得られます。

SEO対策の方法

細かいところを言うと色々と上げることもできますが、簡単な所を挙げると、

  • キーワードを設定する
  • ホームページの更新をする
  • ページを増やす

この辺りが重要になってきます。

キーワードを設定する

これは、ホームページに関係する、検索してほしい言葉等が当てはまります。

例えばインプレイトソフトだと、「豊中 スマホアプリ開発」で検索した場合には上位で表示されるようになってます。

これは、このキーワードでSEO対策を行っているからです。

ただし、競合する他のホームページがある場合は上位に表示するのも難しいので、キーワード選びはとても重要なものになっています。

例えば、「大阪」だとか「ホームページ制作」だけで上位に表示されるようにするのはとても難しいということですね。

ホームページの更新をする

ホームページを更新するということは、日々ページの情報が新しくなってるという証明であったり、ページを放置していないという発信だったりします。

極端な話、1週間に1度更新しているホームページと、1年以上更新のないホームページ、どちらの方が良いコンテンツがあると思いますか?

この情報だけであれば、更新をしているホームページの方が良いように思いますよね。それがSEOにも当てはまります。

ただし、内容のない更新をすればいいというわけでもないです。やみくもに不要な情報を含めたコンテンツを量産しても意味がないです。

情報が古くなったページのメンテナンスや、新しい事柄を記載したページの追加などが有効です。

ページを増やす

前項目の最後にも書きましたが、これはとても有効なことです。

ページが増えるということは、情報が増える。そうすることによって増やしたページが検索される対象になり、良質なページであればそのページを持つサイトの評価も上がります。

ただし、内容が薄かったり、機械的に増やした無意味なページを量産すると、逆に評価が下がってしまいますので、注意が必要です。

まとめ

ここまででSEO対策が、簡単ではあるけど重要なのがわかっていただけたと思います。

可能な限り訪問者に有益な情報で、できるだけ更新頻度を上げてホームページをを育てていくことが良いサイト作りの基本となります。

関連記事

最近の記事

  1. 豊南小学校授業風景アイコン
PAGE TOP