画像には必ずalt属性をつけましょう

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

ホームページ制作では画像を使用して、見栄えをキレイにしたり、情報をわかりやすくしたりしていると思います。

その画像ですが、人が見るうえではすごく効果的なのですが、画像を多用するとSEO的には弱くなりやすい傾向にあります。
そのため、画像を使用する場合は必ずalt属性をつけましょう。

alt属性をつけたほうがいい理由

alt属性をつけることによって、SEO対策としても有効な要素になります。画像だけではGoogleのロボットはその要素を見ることができないため、alt属性をつけることによって、文章として認識してくれます。
また、画像を見れない人、画像を見ない環境で使用している人のためのアクセシビリティとしても有用なので、是非つけてください。

alt属性をつけなくてもいいものもある

必ずと書いておきながらなのですが、つけてなくてもいい部分もあります。
それは、空白部分(スペーサー)を表現するための画像やラインを表現する画像です。

これらの画像はデザイン的な表現がメインとなっているので、文章として表現する必要がありません。

このように見た目に関する画像の部分ではalt属性をつけない。
図示やイメージなどを伝える場合の画像ではalt属性をつけましょう。

SEO対策とユーザーがわかりやすいホームページの両立を目指すために頑張りましょう。

関連記事

  1. WPCAREアイキャッチ画像

最近の記事

  1. レンガジェアイキャッチ画像
  2. WPCAREアイキャッチ画像
PAGE TOP