Meta Keywordsは入れ過ぎないように注意しましょう

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回はホームページ制作で気をつけてもらいたいポイントをご紹介します。

今回のポイントは、Meta Keywords(メタキーワード)を詰め込み過ぎないことです。

キーワードの数

それでは、キーワードの数はどれぐらいの数が良いのかということですが、これは個々のサイトの構成によって変わってきますので、一概にこの数字が良いとは言えませんが、平均して7個ぐらいがベストだと言われています。
ですが、だからといってデタラメに7個分のキーワードを打ち込めばいいというわけではなく、自社のサイトの内容に合わせたキーワードを打ち込むことが大切です。

どのようなキーワードを入れるのがよいのか

これもまた、自社のサイトの内容によるのですが、大体使えるキーワードもあります。
必ずしもこれがいいというわけではないので、自社のサイトと照らし合わせて考えてみてください。

  1. 地域を入れる
    大阪、豊中、関西、北摂・・・など
  2. 業種を入れる
    IT、美容院、花屋・・・など
  3. 価格帯を入れる
    格安、激安、高級・・・など
  4. 顧客層を入れる
    女性向け、男性向け、シニア向け・・・など
  5. サービス名を入れる
    ホームページ制作、ロゴ制作・・・など
  6. 屋号・社名を入れる
    株式会社◯○、△△屋・・・など
  7. ウリにしたいものを入れる
    ◯○システム、△△料理・・・など

なるべく自社のサービスや地域などに密着した内容をキーワードとして盛り込むとよいです。
また、使用したキーワードがサイト内に文章として記述されていたりと連携されているとなお、高い効果が見込めます。

キーワードの選定はなかなか難しい作業ですが、SEO対策の一環として、見なおしてみてください。

関連記事

最近の記事

  1. レンガジェアイキャッチ画像
  2. WPCAREアイキャッチ画像
PAGE TOP