最近話題のツール「Apple Pencil」をご紹介します

大阪府豊中市でホームページ制作|スマートフォンアプリ開発を行なっているImpreateSoft(インプレイトソフト)です。

今回ご紹介するのは、iPhoneやiPadで有名なアップル社が販売している「Apple Pencil」です。
最近、某家電量販店を訪れた時に気になった商品があったので、その商品にの個人的な感想や、ネットでの評判を調べて見ました。

Apple Pencil

Apple Pencilは、アップル社が開発・販売している、ペン型のiPad用ツールです。

apple.comから引用

長さ 175.5mm(先端からキャップまでの長さ)
直径 8.9mm
重量 20.7g

充電はライトニングコネクタ(iPhoneやiPadと同じ形)

個人的感想

使用感

直感的で書きやすく、紙に直接文字を書いている感じを味わえる。
筆圧も測っていて、筆ツールを使った文字書きがイメージ通りでよかった。

デザイン

他の似たようなペン型ツールに比べて、あっさりしている感じ(あっさりしすぎて鉛筆かなと思った)。

驚いたポイント

ペンを持った状態で画面に触れた時、手での誤反応がなかった。(手を画面につけて文字を書くことができる)
ペンを置いた位置に、線を書くことができる(今までのものは、ズレやタイムラグがあるものが多かった)

不満点

画面の小さいものには、役不足感があった。
ペンが長いので、持ち運びが不便だと感じた。
まだ、互換性のあるアプリやツールが少ない。
設定価格が高いと感じた。(¥10,800 (税別))

一般の評価

プラス評価

デザイン・操作性は総じて高評価
機能性・サイズ感はすこしイマイチ
満足いく範囲内であることが多い
書きやすい
シンプルで直感的
質感が良い

マイナス評価

価格設定が高い
持ち運びが不便
バッテリーの持ちが悪い
充電部分のキャップが取れやすく、紛失しやすい
互換性のあるアプリが少ない

まとめ

総じて高評価な意見が多数でした。
操作性も、イメージ通りに使えるシンプルな仕上がりのようです。
文字を書いた際の、タイムラグや位置のズレもほぼなく、「紙に直接、文字を書いている」と実感できました。
やはり、文字を書くという点で、画面の小さいものは気になってきます。
使用する場合は、適度な大きさの画面がオススメです。
目新しいものという感じなのか、価格設定が高めなのは気になりますが、それでも使っていきたいツールと感じました。

*商品の詳細はこちら

関連記事

最近の記事

PAGE TOP